※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用して商品・サービスを紹介しています。

Lumix GH5/GH5M2のおすすめ設定 | 写真・動画の各種設定を紹介

Lumix GH5のおすすめ設定 マイクロフォーサーズ本体
記事内に広告が含まれています。

ついにLumixGH5の後継機として、Lumix GH5M2が販売されましたね。

もう購入した人もいるのではないでしょうか?

ただ、Lumixカメラを始めて使う人にとっては、GH5M2のメニュー設定に悩んでいる人もいると思います。

実はGH5とGH5M2のメニュー設定は非常に似ており、GH5の設定を参考にできます。

この記事では、GH5を愛用する私がおすすめするGH5・GH5M2のメニュー設定を紹介します。

この記事の要約
  • 写真(静止画設定)はRAW+ファインがおすすめ
  • 動画の画質設定は4K 30P 8bit 100mbps
  • 動画記録方式はMP4 LPCM
mirai
mirai

最適な設定を見つけて、楽しいカメラライフを送りましょう。

スポンサーリンク

GH5・GH5M2のおすすめメニュー設定

DCIM\100MEDIA\DJI_0271.JPG

カメラを買った後、一回自分のお気に入りの設定が決まると撮影時に楽です。

ここでは、私がGH5を使っていて使いやすかったメニュー設定を紹介します。

静止画:画質モード【RAW+ファイン】

GH5・GH5M2の静止画:画質モードは、RAW撮影する人なら「RAW+ファイン」がおすすめです。

GH5・GH5M2には静止画のクオリティが5つに分かれています。

Jpeg:スタンダード
Jpeg:ファイン
RAW
RAW+Jpeg(スタンダード)
RAW+Jpeg(ファイン)

スタンダードとファインの違いは画質の違いで、ファインの方が画質が良いです。

Jpeg撮って出しでOKという人には、Jpegファインがおすすめです。

一方、PhotoShopなどで現像したい人はRAWを選択する必要があります。

この中でおすすめはRAW+Jpeg(ファイン)です。

この設定なら、RAWとJpegの両方が撮れます。

たくさん写真を撮る人は、すべての写真を現像するのは大変ですよね。

RAWとJpegの両方を撮影しておけば、後で取捨選択できます。

RAWで取っておけば、後で編集をやり直すこともできるのでおすすめです。

mirai
mirai

RAWを撮影しておけば後で編集できるので便利です。

動画:画質設定【4K30P 8bit 100mbps】

動画の画質設定は4K30P 8bit 100mbpsで撮影しています。

4K30Pで撮影するのは、目で見て自然なコマ数にしたかったからです。

コマ数の目安は以下のとおり。

  • 24P:映画
  • 30P:テレビの映像

これは好みの問題ですが、私は4K30Pが好きなので、動画を撮影するときはこの設定です。

迷ったら、24Pと30Pのどちらかを選択するといいですね。

動画記録方式【MP4:LPCM】

動画の記録方式は、基本的にMP4のLPCMを選んでいます。

その理由は主に次の2つです。

  • 使用しているパソコンがWndows端末
  • MP4で最も画質がいいLPCMを選択

記録方式はMOVなども選択できます。

ただ、MOVはMac対応の拡張子であるため、Windowsでは使いにくいです。

また、MP4でも複数の選択肢がありますが、そのなかでも最も高画質で録画できるLPCMを選択しています。

どうせ撮影するなら、多少容量が大きくなっても良い画質で撮影したいですよね。

画質にこだわるなら、もっとも高画質の設定を選ぶとよいでしょう。

フォトスタイル(シネライクD)

写真・動画ともにLumixではフォトスタイルといわれる、あらかじめ設定された色味を選択できます。

GH5のフォトスタイルは全部で14個です。

・スタンダード
・ヴィヴィッド
・ナチュラル
・モノクローム
・L.モノクローム
・L.モノクロームD
・風景
・人物
・カスタム1・2・3・4
・シネライクD
・シネライクV
・709ライク
・V-LogL(有料ファームウェア)
・ハイブリッドログガンマ

GH5M2のフォトスタイルはGH5より増えて16個です。

・スタンダード
・ヴィヴィッド
・ナチュラル
・L.クラシックネオ
・フラット
・風景
・人物
・モノクローム
・L.モノクローム
・L.モノクロームD
・L.モノクロームS
・シネライクD2
・シネライクV2
・709ライク
・V-Log L
・ハイブリッドログガンマ

このなかでも、私がよく使っていておすすめなのはシネライクDですね。

動画ではシネライクDの色味がとても便利です。

動画を撮影する人はV-LogLを使う人も多いです。

ただ、私はあえて使用していません。

GH5M2ではV-LogLが無料でついてきますが、GH5の場合は有料ファームウェアを購入しなければ使用できません。

また、V-LogLは後からカラーグレーディングがしやすいように灰色で眠たい色で撮影されます。

私の場合はカラーグレーディングはほとんどせず、カラーコレクションしかしません。

そのため、少し色味が残っているシネライクDを使用しています。

そのうち記事にしようと思いますが、私は自然風景を撮影するのが好き。

なるべく目で見た風景の色味を大切に動画を撮影したい派です。

そう考えると、ある程度色味を調整できてかつ作業が楽なシネライクDがちょうどいいんですよね。

カラーコレクションくらいしかしない人、もしくは撮って出しでOKという人はシネライクDも試してみてくださいね!

mirai
mirai

シネライクD系の色味はおしゃれにも映るのでおすすめです!

設定は自分が使いやすいものを見つけよう

今回はLumix GH5を使用する私がおすすめする設定を紹介しました。

最近のカメラは高機能なので、たくさん設定する項目があります。

ただ、すべてを設定するのは大変ですよね。

なので、今回紹介した設定をもとに、自分の好みの設定を見つけてみてくださいね!

https://mirai-camera-gadget.com/mft-select-reason/

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました