※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用して商品・サービスを紹介しています。

Lumix GH5は写真にも使えるという話

Lumix GH5 写真 マイクロフォーサーズ本体
記事内に広告が含まれています。

”Lumix GH5は写真撮影に使える?”

GH5を動画だけじゃなく写真撮影にも使いたい人もいると思います。

GH5は一昔前はYouTuberでも使用している人が多く、動画機として有名です。

ただ、写真となるとあまり話を聞きませんよね。

この記事では、Lumix GH5の写真機能について作例を見ながら紹介します

この記事の要約
  • Lumix GH5は趣味レベルなら十分使える写真性能
  • 写真のクオリティを上げるにはカメラも大事だけどレンズも重要
mirai
mirai

GH5を写真・動画に使えると便利ですよね。

スポンサーリンク

Lumix GH5の写真性能

Lumix GH5の動画性能はよく知られていますが、写真性能はあまり知られていないですよね。

私もGH5を購入する前は、動画性能ばかり注目していました。

ここでは、Lumix公式サイトの情報をもとに、写真性能を紹介します。

【GH5の写真性能】
カメラ有効画素数2033万画素
画質モードRAW / RAW+ファイン / RAW+スタンダード / ファイン / スタンダード
4K・6KPhoto
手振れ補正5段
引用元:Lumix公式

有効画素数を見てみると2033万画素あります。

2000万画素以上あれば、ポスターなどにプリントしても綺麗に印刷できますね。

また、RAW撮影や4K・6KPhotoなど機能があるため、画質を保ったまま撮影できます。

手振れ補正も5段と強力。

手持ち撮影でも十分撮影できるでしょう。

GH5の写真性能は必要十分で、趣味の範囲であれば問題なく撮影できると思います。

ただし、写真の画質にこだわりがある人。

コンクールなどに出すレベルの写真が撮りたい人には物足りないかもしれません。

写真に特化したいなら、G9ProⅡなど写真性能が高い機種を選んでみてください。

私がGH5で撮影した作例

曇り空から差す光
菜の花

どうでしょうか?(笑)

私が撮影したのであまりうまくはありませんが、けっこういいですよね!

マイクロフォーサーズはあまりボケないといわれていますが、実際に撮影してみると十分ボケていて綺麗に感じました。

もちろん、一眼レフやミラーレスカメラに比べるとボケは少ない気がします。

ただ、私は風景写真がメインなので、そこまでボケを必要としていないんですよね。

全体にピントを合わせた方が自然の雄大さが伝わることが多いです。

また、少しボケが足りないくらいの方が背景の自然も生きると思うので。

この辺は個人の主観になると思いますが、GH5でも私は十分写真が撮れると思います。

ただし、もう少しのポイントもあります。

それはAFの遅さです。

鳥の撮影にチャレンジしたことがありますが、AFが遅く間に合わなかった経験が何度かあります。

野鳥撮影や動きのある被写体を撮影したい人は、AFに定評のあるカメラを選んだ方がいいかもしれません。。。

mirai
mirai

動きのない被写体であれば綺麗に撮影できますよ。

写真撮影にこだわるならレンズも大事

ここまで、GH5の写真性能と作例を見てきましたが、個人的には写真撮影はカメラ本体も大事ですがレンズも大事だと思いました。

GH5でも写真撮影が綺麗にできますが、私が使っていたのはキットレンズ。

もっとこだわるなら、F値が小さいレンズなどを使えばボケも作れます。

望遠レンズを使えば圧縮効果が使えますし、広角レンズを使えば目で見るより広い画角を撮影できます。

写真撮影にも興味が出てきた人は、ぜひレンズにもこだわってみてくださいね!

mirai
mirai

ようこそ!レンズ沼へ

GH5でも十分綺麗に写真が撮れる【まとめ】

今回は、動画機として人気があるLumix GH5で写真が撮れるのか紹介しました。

GH5の写真性能は趣味の範囲では問題なく使用できます。

手振れ補正や動画性能も考えるとかなりおすすめの機種です。

中古商品はまだ販売されているようなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

https://mirai-camera-gadget.com/gh5-settings/

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました