※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用して商品・サービスを紹介しています。

カメラ・レンズ沼にハマらない方法!機材運用はスポーツチーム運営に似ていると思う話

カメラ・レンズ沼 ハマらない方法 カメラ雑談
記事内に広告が含まれています。

  • カメラ・レンズが次々欲しくなって沼にハマりそう!
  • もうすでにカメラ・レンズ沼にハマってしまった。。。

読者のなかには、このような状態の人がいるかもしれません。

わたしは幸い、カメラ・レンズ沼一歩手前で立ち止まれましたが、沼にハマるとお金がかかるので大変ですよね。

この記事では、カメラ・レンズ沼にハマらない方法を解説します。

この記事の要約
  • カメラ・レンズの総資産額を決めると収支をコントロールしやすい
  • 買いたい機材があるときは売却も同時に行うと良い
  • 機材運用はスポーツチーム運営に似ている
mirai
mirai

カメラ・レンズ沼を阻止しましょう!

スポンサーリンク

カメラ・レンズ沼にハマらない方法

カメラ・レンズ沼にハマらないようにするには、カメラ・レンズを際限なく買わないようにしなければいけません。

機材が増えると自分のスキルが上がった気がしますが、機材が増えていっても撮影スキルが上がるわけではありません。

機材をたくさん購入している人でも、機材を使いきれずに持て余しているケースも。

ここでは、カメラ・レンズ沼にハマらない方法を3つ紹介します。

カメラ・レンズの総資産額を決めて購入する

カメラ・レンズ沼にハマらないためには、総資産額を決めて購入することが大事です。

今保有しているカメラ機材の費用+これから購入する機材で予算を決めることで、お金の使いすぎを抑制できます。

特にカメラ・レンズ沼にハマる人は、機材がないわけではなく、すでに十分保有しているケースも多いです。

今ある機材を見直すことで、際限なく購入してしまう事態を防げます。

今あるカメラで撮影スキルを磨く

カメラ機材を購入するのもよいですが、今あるカメラで撮影スキルを磨くのも大事です。

カメラやレンズをたくさん購入してしまう人は、購入することが快感になっていて、購入後の機材を使いこなせていない人もいます。

せっかく購入した機材も、しばらくするとまったく使われないことも。。。

購入した機材を使った撮影方法や用途を研究することで、自分に本当に必要な機材が分かります。

自分が使いきれる範囲で機材を購入すれば、レンズ・カメラ沼は避けられるはずです。

mirai
mirai

必要最小限の機材を使い切る方がコスパが高いですよ。

買いたい機材があるときは売却も一緒にする

ここまでの対策を聞いても、レンズ・カメラが買いたいときもありますよね。

買いたい機材があるときは、売却もいっしょに検討してみてください。

買いたいだけ買ってしまうから、カメラ・レンズ沼にハマるわけですよね。

それなら、購入するなら売却するを徹底すればいいんです。

このルールを作っておけば、買いたい機材があっても、自分のなかで売れる機材がなければ購入できません。

購入を慎重に考えるクセもつくので、カメラ・レンズ沼から脱出しやすくなりますね。

また、カメラ・レンズは中古でも価値が出やすく、売却すれば購入額をまかなえることもあります。

購入予算を確保する意味でも、購入するときは売却を検討してみましょう。

機材運用はスポーツチーム運営に似ていると思う話

わたしはふと、カメラ機材運用はスポーツチーム運営に似ていると思いました。

スポーツチームって、選手に支払う年棒の予算が決まっていて、予算内でやりくりします。

報酬に見合わない選手は、残念ながらチームから去ってもらうことも。

カメラ機材運用も同じように、予算内でやりくりしないとダメですよね。

あと、予算が足りないときは、持っている機材を売却することもあります。

あと、スポーツチームは1軍・2軍、レギュラー・ベンチなど役割ごとに分けられています。

カメラ機材も同じように、普段使用している機材と、買ったけどあまり使ってない機材に分かれると思うんです。

カメラ・レンズ沼にハマらないためには、今ある機材と予算を考えたうえで、売却しないといけないと思います。

mirai
mirai

購入することに喜びを感じる状態から、機材を使って撮影を楽しむ状態になる必要があります。

カメラ・レンズ沼は避けよう【まとめ】

今回は、カメラ・レンズ沼にハマらないコツを紹介しました。

カメラ・レンズ沼に足を突っ込んでしまうと、だんだん深みにはまり、最後は抜けられなくなってしまいます。

この記事を参考にぜひ、カメラ趣味と適度な距離を持って楽しみましょう!

https://mirai-camera-gadget.com/camera-hobby-melit/
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました